「山陰街道18」石見折居-鎌手峠-本俣賀/「らーめん遠田」益田

2018/04/28(土)
 新大阪~山陽新幹線で広島まで、広島駅北口(新幹線口)改札外の駅弁屋さんで、昼食用に綾鷹と穴子巻小を購入して、高速バスに乗って浜田駅へと・・
 浜田駅前で次の列車を待ってると、なにやらにぎやかな音が^^

画像

 駅前にある「どんちっち神楽時計」が午後一時のお知らせでした。

 前回の終点、折居駅から出発します。
画像

 ほぼ海抜0mの折居駅から最高120m近い峠へ30分程度の工程です。
画像

 峠の先には直ぐに集落があり三保三隅へダラダラと下りが続きます。
 時間が有るので、三隅神社と三隅公園の”つつじ”など見物に、
画像

 ちょうど見ごろですかね。
画像

 少し斜面を登って三隅の町を見下ろし、
画像

 三隅川沿いの”つつじ”も確認に向かい・・うまく写真には納まりませんね。
画像

 国道に合流して岡見へ・・JR岡見駅には次列車の33分前に到着
画像

 浜田へ戻り、ホテルにチャックインして一休みして、夕食へ

 「石州豚骨 麺虎」と言うラーメン店が駅前にありましたが、
 ちょっとゆっくり飲みたいので2階にあった
 「はま勝(ハマショウ)」さんへと上がりまして、
 ”はま勝セット”+角ハイx2+追加のキャベツと串揚げ、
(アジ、エビ、レンコン、牛、舞茸、鮪、鶏、アスパラ、タケノコ、キス、豆腐、豚、追加+椎茸、キス、&梅茶漬け) 
画像

場所=浜田市浅井町1406-4 
参考=https://tabelog.com/shimane/A3203/A320301/32002616/


2018/04/29(日)
 今日は岡見駅から出発、
画像

 岡見の集落を抜けて
画像

 国道に合流して、鎌手峠への入り口となる馬橋に到着、
画像

 ここからマップに載っていないが舗装道路を歩いて土田へと登っていくと、小さな集落に
 土田町のK308交差点を目指して行くと左手に魅力的な未舗装路が「金山口」との表示あり深く考えづ進みますと、
画像

 古い石垣など有りましたが~やっぱり行き止まり~
画像

 何とか土田の集落へと抜ける道を見つけて
画像

 谷間の耕作地に出ました~と、本来の道方向を見上げてると、見事にひっくり返りました~
 動物除けの低い電気柵につまずいた様で、左太ももを痛めてしまいました・・なんとか短い歩幅でゆっくりとは歩いて峠へ向かいます。
 土田町分教場跡から
画像

 しばらく登ると道は未舗装の林道となり道々に「新屋出店跡」「仲出店跡」など多数の案内表示があり迷うことも無く、
画像

 ただ石畳は枯れ葉や草に覆われて見えませんが確かに有る?有った?と分かりますかね。
画像

 やがて「旧役場跡」を過ぎて「鎌手峠」を越えます、
画像

 道標や解説板を確認して休憩、ここから下りです・・
画像

 恐る恐る歩を進め、放置竹林の中を進む感じですね。
画像

 途中で山道になり林道~「釜口」から少し舗装路、
画像

 「沖見屋跡」、
画像

 山道と歩いて、、「釜口茶屋跡」「木部分教場跡」と山道と歩いて木部町の平地へ
画像

画像
 
 9号線JR線を渡って海の見える沿岸部へ出て、
画像

 予定より1時間近く遅れて12時過ぎにJR石見津田(無人)駅に到着です、
画像

 駅舎内にある「パンカフェはぁと」さんで、パン2種を購入し駅前の自販機のアクエリアスで流し込み一息つきました。
画像

 益田方面への列車は2時間近く間隔がありますので、このまま進みます。
 再び線路と9号線を山側へ渡り峠へ向かいます。
 峠へと登る道は”通行止め”ですが、そのまま進み道が半分崩落してる部分を慎重に過ぎて林道を進むと
画像

 「鹿田の峠」の道標がありここから舗装路を下り遠田へ9号線に合流し
画像

 国道沿いの小規模ファミレス的な店舗で駐車場はたっぷりあります

 「みそ膳 らーめん遠田」さん
画像

 他に競合が無いこともあるのかお客さんは絶えませんね、
画像

 メニューはかなり豊富なんですが一押しの味噌の中から、

 ”焦がしみそらーめん”\720円を選択しました。

画像

 特に焦がし味噌の香ばしさはそれほどでもありませんね、最初から唐辛子が少し入ってる様でややピリ辛になってました。麺は懐かしのサッポロ風でプリプリ太麺です。

場所=益田市遠田町2393-1 
参考=https://tabelog.com/shimane/A3204/A320401/32000545/ 

 ここから益田旧市街中心部へ向かう「垰山道」へ向かいます・・
 住宅街からの入り口が判りにくく少し迷いましたが無事に峠へと、宅地開発で消滅した街道の迂回路的に整備されている感じの道でした、ありがたいですね。
 峠へ近づくと放置竹林?倒れた竹が行く手を阻みます、
画像

 痛い足でなんとか突き進み峠を越えると、
画像

画像

 宅地の近くを通って下り街中へ
画像

 薬局を検索して寄り道を試みましたが、すべて日祝休業日でした~
 史跡や七尾城址へ立ち寄りなど予定を全てキャンセルして進みます。
画像

 本日のお宿へ街道沿いにある「多田温泉」へ
画像

画像

 予定より早い時間でしたがチェックインして部屋で休憩・・
 明日以降の変更予定を立ててキャンセルや新幹線の予約変更手続きをして、後はゆっくり温泉に・・
 GW価格でお値段は高かったですが、夕食は豪華でしたよ写真は有りませんが~
 「カワハギ薄造り」「鯛、ハマチ、イカの刺身」「のどぐろ塩焼き」「サザエ、アワビ、つぶ貝」「うなぎ蒲焼」「海老と野菜の天ぷら」「牛肉の陶板焼き」「茶碗蒸し」などなど食べきれたのが不思議です。


2018/04/30(月)
 標準的な旅館の朝ごはんを食べて、ゆっくり出発です、本来はここから津和野までの工程がメインイベントになる予定でしたが、最寄駅から列車で津和野へ行きます。
画像


 宿から舗装路を登って行くと・・
画像

 左に「岸静江国治の墓」が現れます。
画像

 道路を挟んで反対側に「扇原関門跡」への登り口があり峠近くまで舗装されておりすんなり登れます。
画像

画像

画像

 峠から南側にも遊歩道が整備してあり少しあるくと舗装路へつながります。
画像

 ちょっとどっちを歩くか迷いましたが~素直に舗装路を本俣賀へ下り、
画像

 街道筋を離れてJR本俣賀駅へ
画像

 30分ちょっと待って山口行普通列車で津和野へ
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント