「麺や 凜」石橋阪大前

2020/07/11(土)

 学生の姿が少し戻りつつある?石橋阪大前駅から徒歩4分、「麺や凛」さんの前には5名ほどの外待ちが有りました。
 一巡目のお客さんが出てくる時間帯のはずが・・意外と待ち時間がありました・・
 店内カウンターには僅か5席での営業・・これでは回転が悪いですね。
 梅雨の一休みに合わせるようにお出かけするのは皆さん同じなですね。昨日は今日より少なかったそうです。


 今回のオーダーは、”冷やし塩らーめん”\900円です。

200712_石橋_麺や凜_冷やし塩a.JPG
 大きなチャーシューが最初からカットされてる以外は普通のラーメンと見た目は同じです。
 少しチャーシューの油が口の割りにべたつきますが、バランスの良い冷製スープが中々美味しくて、もっちりとした平打ち麺と共についつい飲みすぎます。多少我慢して完飲一歩手前でごちそう様です。
 近くメニューの変更・見直しが有るよう?
 正午を過ぎて行列が長くなってる様なんで早々に退店です。

 https://twitter.com/menya_rin2019 



2020/04/11(土)

 家から4kmほどです、店内に先客5名~私の後から1名入店して満席になりました。

 今日はメニュートップの、”醤油らーめん”\850円です。

200411_石橋_麺や凜_醤油らーめん③.JPG
 きんせいテイストです~魚介と動物系のバランスの良いあっさり系醤油スープにもっちり系の自家製平打ち麺です。
 なんと言ってもトッピングが~大きいレアチャーシューは厚みあり食べ応えありますね~それに加えて鶏胸肉もレアです・・店内には大きなオーブンがありスチーム加熱で低温調理されてる様です。
 大きなチャーシューを何とか食べきって~その後の客足が途切れて・・石橋から学生さんの姿が消えて大変でしょうが・・とか色々とお話していても・・一向に次の来客が無くて~結局・・店内に店主と二人のスタッフのみを残して退店しました。
 とにかく利用できる全てを使って生き残って欲しいです。



2019/07/17(水)

 海の日のコラボメニューをパスしましたが、”あの鴨”が本日かぎりトッピングとして有るって事でついつい会社帰りに寄り道して・・

 ”醤油らーめん”\800円+”あの鴨”\300円トッピングです。

190717_石橋_麺や凜_醤油らーめん②あの鴨.JPG
 元々のトッピングが大きなチャーシューに鶏胸肉とボリューミーな上に・・鴨チャーは厚みの有るロールが二つです・・
 しかも”きんせいテイスト”のバランスの良いスープも飲みたいし・・・お腹がけっこう満たされて~

190717_石橋_麺や凜_メニュー.JPG



2019/07/11(木)

 11日から限定の”出雲ブラック”が復活するとの情報で~( https://twitter.com/menya_rin2019 )~帰りに寄り道です。

 はい今回は~熱々の”出雲ブラック”\1000円です。

190711_石橋_麺や凜_出雲ブラック.JPG
 醤油の香りと鶏と魚介のバランスの良いスープにやや太めの平打ち麺が良く合ってます。
 見た目でメインだとわかるチャーシューは分厚いのが2枚です・・これがお腹に溜まります~寄り道らーめんには少々ヘビーですね~
 でも美味しくてきれいに平らげ・・スープまで飲み干しそうになって・・なんとか自重しましたが~
 ところで三連休最終日の15日に「NAKAGAWA わず」さんとのコラボは「鴨」が主役な感じかな、麺は「凛」さんで通常より平たい麺を打つそうです。
 もちろん「わず」の”泡”トッピングも有るそうです、”泡”の正体は内緒ですって。



2019/06/16(日)

 11時32分に店頭に到着-行列無し、しかし店内満席にて外待ち一番手に15分ほどで数人の行列となりました。

 オーダーは聞きに来てくれます。

 ”出雲ブラック”の有無を聞いてみましたが、タレの量が少なくて冷やしならOKとの事で、

 ”冷やし出雲ブラックらーめん”\1000円を・・

画像

 大きくて厚めのチャーシューが2枚!でも箸で持ち上げてかぶりつくのにちょうど良いぐらいにカットしてあります。
 冷たいのでゆっくり食べてもレア~ですね。口回りの油が少し気になりますが~体温でほぼ流れる低融点なんで後味にまでは影響ありませんでした。
 醤油ダレが若干少な目だったのが私にはドンピシャのお味になったのかな~
 少し遠回りして歩いて帰ってなんとか1万2千歩・・昨日も歩けてないのに~

場所  =池田市井口堂3-1-6
Twitter= https://twitter.com/menya_rin2019



2019/04/17(水)
 ノー残デーの水曜日・・石橋で寄り道です、TV効果も一段落して落ち着いたようですね、夜のオープン時間からしばらくはのんびりしてました・・で、

 今回は~”昆布水の醤油つけ麺”\900円です。

画像

 全粒粉入りの平打ち麺を冷水でしめて昆布水へ・・麺を少しそのまま戴きます・・良いですね~
画像

 つけ汁の中には分厚いチャーシューに穂先メンマやネギなどが入ってまして、きんせい流のバランスの良いスープはややインパクトには欠けますが、安心してどっぷり麺を着けて食べられますね、
 280g程度の麺を完食して、つけ汁を昆布水で割って戴けば・・けっこうお腹にも満足感ありますよ。

画像



画像




2019/03/24(日)

 先週土曜に出た限定が日曜日に再登場するって事で、開店時間7分前に店頭に到着前から7人目で一巡目に、

 オーダーはもちろん限定の”昆布と鰆(サワラ)節の塩らーめん”\900円 &”〆ごはん” \100円です。

画像

 サワラ節?とは馴染みの無い食材なんで楽しみにしてましたが、濃厚な昆布出汁にプラス節系の旨いスープで、カツオやアジよりあっさりしてマグロ節ほど繊細でもなく・・ただスープを飲むレンゲが止まりません。
 トッピングもチャーシューを避けて鶏胸のみ。
 麺が無くなる寸前に〆めしをお願いして、店主のアドバイスに従ってそのままご飯ダイブでいただきましたが、

画像

 あっさりスープで塩分も高く感じませんが、ご飯で出汁の味が薄まった感じもなくて・・良い出来の一杯でした。
 店主の話ではもう一回分の材料が有るそうです。



2019/03/13(水)

 ノー残業デーの水曜日、けっこう早い時間に石橋に、行列が無かったので入店です。
 やはり本日は”つけ麺”有りませんってことで、

 ”塩らーめん(大盛り)”\850円です。

画像

 存在感のあるレアチャーシューに、鶏胸肉と穂先メンマ、ネギ等のトッピング。
 自家製平打ち麺は大盛り無料なんです。
 思わず大盛りを~最後のほうはちょっと後悔しながらも・・
 美味しいスープと共にさすがにスープは少し残しましたが~
 「つけ麺」も近々レギュラー化になる予定だそうです。



2019/02/02(土)

 早々に2度目の訪問です~土曜日のお昼です行列ならスルーするつもりでオープン時間に1分遅れで到着・・
 6番目で入店できました。

 今回は、”醤油らーめん”\800+”煮玉子”\100円です。

画像

 スープを一口~「きんせい」流~バランスの良いスープです。 トッピングや麺は全く同じです。
 厚切りチャーシューに筋の部分が残っていた事がちょっと残念でしたが~その他は間違いないですね。
 私にはうれしいお味ですが~若者向けには少々薄味では?
 まあ~これから限定メニューの販売などを通しての進化が楽しみですね。
 ここまで冬コートで歩くとうっすら汗が~くらいの天気ですので・・やっぱりスープまで完食です。



2019/01/23(水)

 今年01/21(月)オープンしたお店に早々の訪問です~
 なにせ店主は『彩色ラーメン きんせい 夢風』出身との事で期待大ですし・・週末お昼には行列必至が予測されますので、

 仕事帰りに・・

 やはり男子学生さん5名ほど並んでました。しばし待って入店~中も全て学生風男子で一杯です。

 オーダーは、

 ”塩らーめん”\850+”煮玉子”\100円です。

画像

 スープを一口~間違いなく「きんせい」です・若者ターゲットで濃い味かな~と心配してましたが・・バランスの良いスープに塩味も強すぎません。
 しからば若者へのアプローチは~豚チャーシューに有りました大きなレア系で厚みが5mm以上有りそうで、程よく塩気もあり~インパクト大ですね。
 他は鶏胸肉と穂先メンマ、白ネギ、カイワレ、追加の煮玉子です。
 麺は自家製平打ち麺で”きんせいの粉”の気がしますが?茨木の「真」さんの麺に似てるような~悪くは無いけど~私の希望は細麺です。

画像
 


画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント