「山陰街道20」 石見横田-徳城峠-津和野

2019/05/01(水)

 本日は今回の旅メインとなります・・峠越えで津和野を目指します。

 朝5時台に目覚めてしまい、6時30分オープンの朝食会場へ2分前に行くもすでに行列、朝食は野菜中心ってかソーセージとか無いし~サラダ、野菜炒め・・ごはんに味噌汁、海苔、ゆで卵、など~
画像

 駅内のコンビニで昼食用に”おにぎり(梅、紅シャケ、明太子)”を購入して、8時55分発のバスに

 出発点の石見横田までバス移動し、9時過ぎから歩きます。
画像

 横田から~途中木原トンネル迂回する(左)旧道も歩きますが、
画像


画像

 国道9号線をメインに歩き、
画像

 徳城峠の登り口まで約80分、国道から右へと入ります。
 参考資料(http://www.sun-net.jp/~kappe/zakki/tokujou/tokujououkan.html)
画像

 登り口の細い仮橋を見ると少々不安!?
画像

 山に入ると意外と道は綺麗で幅もあります、
画像

 尾根へ上がって茶屋跡あたりでは、
画像

 国道を走る車の走行音も聞こえなくなり、鳥の声と風の音の中を快調に進みます。

https://youtu.be/l-zKC5XyK2Q

 道の真ん中に、タケノコがニョッキリ
画像

 1時間少々で、南の入口柳集落へ出て、
画像

 元学校とおぼしき「やなぎ会館」の軒先にて昼食(コンビニおにぎり)を食べて~休憩・・
画像

 再起動して15分で鬼ケ峠に、その後数分で宿谷集落に・・
画像

 ここで地元の方と出会って・・聞いた話が、「この先、道が無くなっており・・強行突破を試みた人が~結局レスキューを呼ぶ騒ぎがあったよ」と・・”行けるところまで歩いて、ダメそうなら無理せず帰ってきます”と・・
 なにせ参考資料は9年前のこちら(https://blog.jinriki.info/kacchan/travel-sekisyukaidou.html)なんです。
 案内無しでは厳しいかも?
 参考資料2(https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-979146.html)

 なんか曰くのあるお堂”三霊堂”の前を通過して
画像


画像

 山へ・・多少強行突破して林道へ出て峠へ
画像

 廿田峠と思われるピークを越えて少し下って・・
画像

 林道がとぎれて・・が~人が通った痕跡が見えず、その先の道がわからないので・・
 引き返して迂回します。13時05分

 宿谷へ引き返して舗装道路を、程彼集落まで下り商人地区へ道を上り
画像

 約2時間かけて峠への分かれ道の赤岩橋に到着(15時) 
画像

 舗装路ですが樫実峠まで約20分・・かなりの傾斜できつかった標高250mは本日最高点です。
画像

 下りは快調に小川地区から津和野川沿いへ出て、山口線の線路を越えて津和野駅へ
画像


画像


画像


 16時半に津和野駅に到着、小腹が空いて~駅舎内の「駅弁くぼた」さんの駅そば屋さんがまだ営業してましたので、
画像

 ”天ぷらそば”\390円・・最後から2杯目でした。
画像

 よく見る立ち食いそば屋の天ぷらが乗ったお蕎麦で、お出しもやさしい系で関西人には全く違和感の無い一杯でした。

 ちょっとだけ遠回りして本日の宿「駅前ビジネスホテルつわの」に入り・・シャワーして休憩・・さて夕食を・・昼営業のお店は沢山有りますが、夜は極端に少なくなります・・選択肢は多く有りませんが~さて?

 津和野で唯一お好み焼きメインの食堂~「なにわ」さんへ・・”生ビールと冷奴”、”ミックスモダン”計\1800円です。

 生ビールには小皿の枝豆が付いてます、
画像

 冷や奴は木綿半丁に薬味はおろし生姜にネギ、カツオとシンプル・・
画像

 メインのミックスモダンですが~麺はソバ(中華麺)を選択し女将さんが焼いてくれます・・その様子から~期待は出来ない様な~
画像

 お好み焼き文化圏で育った方には少々・・まあ~圏外ですから~お腹は一杯になりました。

 直ぐ近くの(唯一?)コンビニで酎ハイとバタピーを買ってホテルへ帰ります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント