「鶏と鯛のラーメン 白湯製人」岡町~「手打ち蕎麦 なにわ翁」西天満

2020/02/15(土)

 腹ごなしに豊中駅から能勢街道を15分ほど歩いて先月オープンしたての新店「白湯製人」さんへ
 開店2分前に到着も既に10人(2+1+1+6)の列が~
 時間となり順次店内へ私の前が6人の高校生でしたが3人入った所で残席1との事で私にお先にどうぞと・・一巡目に入れてもらいました。

 さらに今日は厨房機器に不具合があり少し時間が掛かるとの事でしばし待たされましたが、サービスで鶏唐を味見させてもらいました、

200215_岡町_白湯製人_サービス鶏唐.JPG
 しかも鶏胸肉の唐揚げで味も濃すぎず美味しかった~

 私のオーダー”白湯ワンタン麺”\1000円で麺はモトモチ麺を選択。

200215_岡町_白湯製人_白湯ワンタン麺.JPG
 真ん中の三つ葉と薄切りごぼうの素揚げが目立ちます風味と食感が新しい感じ、メインのワンタンは良い感じのトロトロで餡は小さめ量はたっぷり有りました。肉は豚と鶏モモで油が乗ってます。
 スープは鶏白湯と鯛アラとのWスープであっさりした口当たりで後味に鯛アラの魚介系が残る感じです。
 塩味もあまり強く感じませんのでけっこう飲めます。
 そして麺が特徴的です半透明の多加水の平打ち麺で~ワンタンとかぶってしまいました~全粒粉麺にした方が良かったかもです。
 唐揚げも美味しかったしもう一度行かねばな店ですが・・

200215_岡町_白湯製人_メニュー.JPG
場所=豊中市中桜塚3-10-2-101
HP= http://www.tenkappou-soba-haruna.com/

行列がな~正午過ぎ店を出ると・・

200215_岡町_白湯製人.JPG

空き地を挟んで隣は、越前おろしそばの旨い「新保屋」です。
200215_岡町_白湯製人_新保屋.JPG


 能勢街道には戻らずR176の東側を歩いて服部住吉神社の南から能勢街道へ戻り・・

200215_服部住吉神社_1236.JPG
 三国橋を渡って商店街を東へ・・中々お腹がこなれず・・東三国から東淀川

200215_三国_サンティフルみくに.JPG
 淡路まで歩きましたが、もう一杯の気になれず・・駅へ
 ここまで10kmほど・・


 電車で北浜まで・・ゆっくり休憩を挟んで次に向かったのが・・

 「手打ち蕎麦 なにわ翁」さん

 昨年から3回目の訪問です「なにわ翁」さん、通し営業のお店なんで時間を外しての訪問です。

 今回は、”牡蠣ざるそば”\1860円です。

200215_西天満_なにわ翁_牡蠣ざるそばb.JPG
 冷たいお蕎麦を温かい牡蠣のつけ汁でいただきます。牡蠣は少し小粒ですが5つ入ってました。
 つけ汁は色は濃いですが意外と甘めで動物系の出汁も感じます~鴨汁も入ってるのかな~初めての冷たいお蕎麦は二八、しっかり腰があり風味も豊かな美味しいお蕎麦です。
 そば湯は透明です・・つけ汁で味を調整しながら美味しく戴きお腹が膨れます。

200215_西天満_なにわ翁_そば湯.JPG
 後で気ずきましたPaypay使えます。

200215_西天満_なにわ翁.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント